タグ:スウェーデン飯盒 ( 13 ) タグの人気記事

蓋の蓋

 スウェーデン飯盒 Swedish Army Mess Kit

スウェーデン飯盒の蓋は鍋にもなる。

つづきはコチラ Read More
[PR]
by swedishcooker | 2010-02-14 21:30 | ┗スウェーデン飯盒

緊急情報(マニア向け)

 スウェーデン飯盒

スウェーデン飯盒国内ネット市場に新たな動きが!?

つづきはコチラ Read More
[PR]
by swedishcooker | 2010-01-28 19:44 | ┗スウェーデン飯盒

再始動! 其之伍

 

焚火もこれまた久し振りなのである。

つづきはコチラ Read More
[PR]
by swedishcooker | 2009-08-14 20:50 | 再始動!

再始動! 其之四

 

陽もかなり傾いてきたのでサイトへ戻ることに。

つづきはコチラ Read More
[PR]
by swedishcooker | 2009-07-26 20:13 | 再始動!

Stainless !!!

Swedish Army "Stainless Steel" Mess Kit
 ステンレス製スウェーデン飯盒

スウェーデン軍メスキット、正式名称 "Kokkärl m/40"
その素材はステンレスである。

つづきはコチラ
[PR]
by swedishcooker | 2009-05-22 21:21 | ┗スウェーデン飯盒

スウェーデン飯盒 其之参

前回記事「スウェーデン飯盒 其之弐」からのつづき。

 

前出のページと、このページに「1848年に銅製、1895年にアルミ製が登場。第1次世界大戦中の
金属不足によりブリキで作られた後、1930年代中にステンレス製になってm/40が出来、コストの
理由で1944年に再びアルミ製になった。」というようなスウェーデン軍メスキットの変遷について
貴重な記述があるのでこれに基づいてネットを探ってみた。


つづきはコチラ
[PR]
by swedishcooker | 2009-02-01 20:15 | ┗スウェーデン飯盒

スウェーデン飯盒 其之弐

Swedish Army Mess Kit

 

一般的には「スウェーデン軍メスキット」、通称では「スウェーデン飯盒」などと呼ばれているが
飯盒や風防、ストーブに付された刻印から「SVEA NC67」などと呼ばれるケースもあるようだ。


つづきはコチラ
[PR]
by swedishcooker | 2009-01-27 20:12 | ┗スウェーデン飯盒

スウェーデン飯盒 其之壱

Swedish Army Mess Kit
 

遥か遠い北欧はスウェーデン王国より、海を越えやって来たメスキット。

つづきはコチラ
[PR]
by swedishcooker | 2009-01-23 20:24 | ┗スウェーデン飯盒

我慢限界 其之四

そろそろ晩飯の支度でもしようかなと、いつものアレを引っ張り出す。

e0152465_19592135.jpg


続きはこちら
[PR]
by swedishcooker | 2008-05-10 20:42 | 我慢限界

ソロ初め2008 其之参

パワーに魅せられたせいか、焚火の前で長い時間を費やしてしまった。

腹が減る。
いつもの如く朝飯は食ってない。昼飯はテント設営しながら食ったおにぎり2個だけ。
そりゃ腹が減る。ということで晩飯の支度。
と思ってタープ下に入ろうとしたらランタンのボンベがこんな状態。

e0152465_16305391.jpg

取り敢えず燃焼して必要な明るさをキープしているからまぁいいか、と支度に取り掛かる。
今回も鍋。他にオカズは無し。
またもやスーパーで何買うか迷った挙げ句、選んだのはこれ。

e0152465_16311548.jpg

ブログで見る余所様の豪勢な夕食に比べると何とも侘びしいが、自分的にはこれ一品で充分か。
もはや必須装備となったスウェーデン飯盒でお約束の米2合を炊く。

e0152465_16324288.jpg

今回の米炊きはバッチリ。おコゲもいい感じ。
鍋は煮始めたのが少し早かったせいか、野菜がクッタクタになりボリューム感に乏しい。
スープ入りのモツも2人前と書かれている割には量が少ない。
オカズにするには少々味が薄かったので醤油を追加。

e0152465_16331848.jpg

白菜を食う。煮過ぎて柔らかくなっているが、まぁまぁイケル。
次はモツ。鍋を突つきまわしてモツを探すがなかなか現れない。底の方からやっと発見。
こんなことを繰り返してあっという間に食い終える。 今夜は腹九分目。

テーブルランタンとして110gボンベを装着したトレッキングランタンは
用を為さないほど暗くなってしまったので、代わりにキャンドルランタンを点灯。
クィックヒーターもランタン同様ボンベに霜がつき、申し訳程度にしか暖まらない。
「結構気温下がってるんだなぁ」
己の体は防寒バッチリ、更に熱い鍋物食って暖まっているのでその程度にしか思わない。
「今のうちに準備しておくか」と、今日買った「アレ」を取りに車まで行く。すると・・・

e0152465_16342843.jpg

これにはちょっと驚いた。


つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-05 20:53 | ソロ初め2008