<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ソロ初め2008 番外編

 「さて、どこに行こうか・・・」

昼過ぎにキャンプ場をあとにした。このまま家へ帰るのは勿体ない。
キャンプも勿論楽しみだが、キャンプ帰りの寄り道も楽しみであったりする。

この辺りは温泉が幾つかある。
普通の人ならひとっ風呂浴びて帰るんだろうが、風呂好きでもないし温泉には興味無い。
キャンプの余韻を打ち消さず、尚且つ人が少なくて気分の良いところ。
ということで必然的に野山や水辺になる。

取り敢えず昨日通って来た国道を戻る。
暫く走ってから途中に登山道入り口という看板が出ているのを思い出す。
登山するつもりではないが車で行けるとこまで行ってみようか。
看板に従い脇道へ入る。 先へ進むと段々道が細くなる。
道が二手に別れている。 左へ行くと登山口、右は分からない。
地図を見ると登山口はすぐ先の模様。右の道は山の中を通ってさっきまで走っていた国道の先に出られる。

登山口まであっけなく辿り着いても面白くないので右を選ぶ。
鋪装はしてあるが車2台すれ違うのは無理な道幅、所々に待避所がある。
しかし対向車は1台も来ない。そりゃそうだ、正月からこんな山の中を走ってる馬鹿は自分ぐらいなもんだ。
鬱蒼とした木々の中を左右にクネクネ曲がりながら登り坂が続く。どんどん進む。
結構山の上の方まで登って来たようだ。
「これから下りになるのかな」と思った所で更に山の上へ行けそうな脇道。
無論、脇道を選択。少し登ると看板と共に分かれ道。
横手にコンクリートで固めた階段があるので、車を降り歩いて登ってみる。

e0152465_18511631.jpg

階段の上は山へと続く道。どんどん先へ行ってみたくなる衝動を抑え途中で引き返す。

 
階段を下り、今度は別れた道の方へ。 奥へ進むと何やら駐車場。立派な公衆トイレまである。
 「何だ、観光名所だったのか」
そこは「つつじ」が沢山植えられた丘、その地の名前にもなっている。
更に高い所へ続く道を歩いて登ると展望台。

 
あいにく空は雲に覆われてしまったが良い眺め。こんな場所があるとは知らなかった。暫し景色に見とれる。
「さて、そろそろ下りようか」と思った時、展望台の後ろに小さな祠があるのに気付く。
賽銭を置き、手を合わせ初詣とする。

 「今年一年、良い年でありますように」


おわり

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-14 20:28 | ソロ初め2008

ソロ初め2008 其之伍

朝までグッスリ

とは行かず、なんだか寝苦しくて夜中に二度ほど目が覚めてしまった。
撤収の時に気付いたのだが、地面がほんの少し傾斜していて、寝る際
頭にしていた方が低かったのが原因かと思われ。

朝起きて外へ出るとそこらじゅう霜で真っ白。テントもこの通り。

e0152465_1830890.jpg

フライの内側は勿論、インナーテントの内側にも少し霜が付いた。
帰宅してから調べたら、最低気温は-6℃だったようだ。
テントの前室で気休め程度のクィックヒーターを点け、霜を溶かす。
溶けた雫が前室両サイド出入り口のジッパー上部からポタポタ落ちるので
夜に前室へ仕舞い込んだ道具類をタープ下に移動。

e0152465_18304546.jpg

焚火で体を温めているうちに陽が昇って来る。
澄み渡った空、何とも清々しい。昨日の鬱屈が嘘のように気分も快晴。

e0152465_18321581.jpg

朝飯は今回も鍋の残った汁で煮ようとうどんを買って来たが、モツ鍋の程よい辛さが
後を引き汁を全部飲み干してしまっていた。うどんのツユを作るのが面倒だったのでコレに変更。

e0152465_18331991.jpg

麺を食ったら残りのスープにおにぎり投入、スープも飲み干し完食。
ああ、それにしても空が青い。

e0152465_18345191.jpg

食後のコーヒーを飲みながらダラダラと道具をまとめる。まったり撤収開始。
霜が溶けて濡れたテントを拭き、満遍なく陽にあてて乾くのを待つ。
全ての道具を積み込み終えて気が付いた。車の下に何か黄色いものが・・・。

e0152465_18352131.jpg

冬だというのに花を咲かせている。
凍える夜を耐え、這いつくばって根を張り、精いっぱい陽を浴びて花を咲かせている。
何と逞しいことだろう。

自分もこのタンポポのように逞しく生きて行けるだろうか?


おわり

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-07 22:21 | ソロ初め2008

ソロ初め2008 其之四

「アレ」とは

何の事はない、ただの湯たんぽ。
湯たんぽに水を入れて直接火に掛けられるよう金属製とは決めていたのだが
何を使って加熱するかが問題だった。

事前に考えていたのはガスシングルバーナーのUSトレール。でもそれじゃ普通過ぎて面白くない。
折角焚火しているんだからそれを使うか。でも煤が付く。煤を奇麗に拭取るのは面倒か。
一度大きめのヤカンか鍋で湯を沸かしてから入れるか。でもそんなものは無い。
で、思い付いたのがスウェーデン飯盒のアルコールバーナーと風防五徳。
湯たんぽとして機能する程度まで温かくなるか分からなかったが、取り敢えずやってみる。

 

バーナーと湯たんぽの間が離れ過ぎてる気もしたがそのまま続行。
小瓶のワインをチビチビ飲み、ツマミをポリポリ食いながら様子を見守る。

e0152465_16444258.jpg

実は酒なんかもう何年も飲んでない。行き掛かりで喉を湿らす程度が数回あったくらい。
これも寒さ対策と思い食材と一緒に買って来た。
ひとりカッコつけてバーボンでもと思ったが、いきなりそんなもの飲んだらどうなるか。
ということでワインにしといた。 結構旨い、クセになるかも?

暫くすると燃料が燃え尽き炎が消える。
沸き立ちはしなかったが、底の部分に気泡が出来て素手では触れないくらいまでになった。
燃料が続けばあと数分で沸騰してたのではなかろうか。

e0152465_16453134.jpg

カバーを着けてシュラフに仕込み、暖かさが移るまで焚火して待つ。
頃合いをみて「さて寝ようかな」とテントに戻りかけた時、ふと気温計を見ると
目盛りは-8か-9℃あたりを指し示していた。
流石に実際そこまでは下がってないだろう、キーホルダータイプの気温計じゃ
アテにならんと思いつつシュラフに潜り込む。

湯たんぽの心地よい暖かさと何年かぶりに飲んだ酒の手助けで、あっという間に眠りに就いた。


つづく
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-06 20:45 | ソロ初め2008

ソロ初め2008 其之参

パワーに魅せられたせいか、焚火の前で長い時間を費やしてしまった。

腹が減る。
いつもの如く朝飯は食ってない。昼飯はテント設営しながら食ったおにぎり2個だけ。
そりゃ腹が減る。ということで晩飯の支度。
と思ってタープ下に入ろうとしたらランタンのボンベがこんな状態。

e0152465_16305391.jpg

取り敢えず燃焼して必要な明るさをキープしているからまぁいいか、と支度に取り掛かる。
今回も鍋。他にオカズは無し。
またもやスーパーで何買うか迷った挙げ句、選んだのはこれ。

e0152465_16311548.jpg

ブログで見る余所様の豪勢な夕食に比べると何とも侘びしいが、自分的にはこれ一品で充分か。
もはや必須装備となったスウェーデン飯盒でお約束の米2合を炊く。

e0152465_16324288.jpg

今回の米炊きはバッチリ。おコゲもいい感じ。
鍋は煮始めたのが少し早かったせいか、野菜がクッタクタになりボリューム感に乏しい。
スープ入りのモツも2人前と書かれている割には量が少ない。
オカズにするには少々味が薄かったので醤油を追加。

e0152465_16331848.jpg

白菜を食う。煮過ぎて柔らかくなっているが、まぁまぁイケル。
次はモツ。鍋を突つきまわしてモツを探すがなかなか現れない。底の方からやっと発見。
こんなことを繰り返してあっという間に食い終える。 今夜は腹九分目。

テーブルランタンとして110gボンベを装着したトレッキングランタンは
用を為さないほど暗くなってしまったので、代わりにキャンドルランタンを点灯。
クィックヒーターもランタン同様ボンベに霜がつき、申し訳程度にしか暖まらない。
「結構気温下がってるんだなぁ」
己の体は防寒バッチリ、更に熱い鍋物食って暖まっているのでその程度にしか思わない。
「今のうちに準備しておくか」と、今日買った「アレ」を取りに車まで行く。すると・・・

e0152465_16342843.jpg

これにはちょっと驚いた。


つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-05 20:53 | ソロ初め2008

ソロ初め2008 其之弐

「撤収して帰ってしまおうか・・・。」

ウキウキワクワク感が消えただけではなく、どんどん鬱屈していきながら
そんなことも一瞬頭をよぎったが、ここまで来た以上後戻りは出来ない。

時間は3時を過ぎた頃だったが、太陽は目の前に立ちはだかる小山の向こう側。
もう夕暮れかと思うくらい辺りは薄暗くなってきている。 風も冷たい。
熱いコーヒーをいれる間も惜しみ、道具箱を車から下ろしてセッティング。
寝床の準備をし、焚火の為に角材を切り鉈で割って薪を作る。
真っ暗になる前になんとか用意が整ったところで防寒着に着替える。

前もってネットで調べたこの夜の予想最低気温はマイナス4度。
前回と同じ装備では耐えられないと思い、ジッポーのハンディーウォーマーと
貼るタイプ、靴の中敷タイプの使い捨てカイロを用意した。
ハンディーウォーマーにオイルを入れ点火、ジャケットのポケットへ。
防寒ブーツに中敷カイロを仕込み、貼る使い捨てカイロは腰に。

冷え込みも始まってきたようなので、まずは焚火。
丸めた新聞紙に点火、細かく割った薪に火が燃え移ったところで小割りの薪を焼べる。
みるみる間に炎が大きく立ち上がっていくのをじっと見つめる。

e0152465_1624062.jpg

炎が大きくなるにつれ、徐々に変化が起きていることに気付く。
物質的な変化ではない。 そう、精神的な変化。

 「オラ、何だかワクワクしてきたぞ!」

湧いてきた! 蘇ってきた! この高揚感! これが焚火のパワーなのか?!
闇の中、明かりを灯すだけではない。冷えた体を温めるだけではない。
焚火の持つ不思議なパワーというものを今改めて実感した。
鬱屈が逆襲せぬよう薪をどんどん焼べ、炎を更に大きくする。
いつもの調子に戻ったところでホッと一息、熱い飲み物が欲しくなる。
カフェインで眠れなくなるのを恐れ、コーヒーではなくココアを焚火の前ですする。

 「ああ、幸せ〜」


つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-04 19:52 | ソロ初め2008

ソロ初め2008 其之壱

謹賀新年であります。

前回の気分が萎えたキャンプを2007年の〆にするのが何だか無性に腹立たしかったので
別の場所で年越しキャンプをしようと思っていたのだったが、自分の不手際によりやむなく中止。
装備だけは準備万端のまま大晦日元旦と家に引き蘢り、1月2日になってやっと出陣。
向かった先は・・・・・またもや前回と同じキャンプ場。 連続3回目。

リベンジ(というよりは不完全燃焼だったのを「挽回」)すべく敢えて同じ所。
というか他を探したのだが、結局良さそうなところが見つからなかっただけだったり。
午前10時、中身を少し入れ替えた道具箱を積み込み、いざ!

と、その前にちょっと寄り道。アウトドアショップの初売りでウェア類の福袋を買う。
今まで福袋なんか買ったことないのにどういう風の吹き回しか。ついでに店内を物色、そして衝動買い。
あれこれ考えて道具を減らしても、また新たな道具が増えてしまう・・・物欲スパイラル。
まぁ、後でゆっくり考えましょ。

買物を終え、駐車場を出る前にキャンプ場へ一応電話確認。
「年始でも営業している、他に宿泊予定者は居ない」との事。 しめしめ、念願の貸切り状態だ。
ほくそ笑みながら今度こそ目的地へ出発。
が、道半ばで「アレ」を買い忘れていた事に気付く。 途中でホムセン2店寄ったが置いてない。
欲しいのは金属製の「アレ」。 置いてあるのはプラスチック製のものばかり。
道すがら他にも売ってそうな店があったが、寄るタイミングを失ったまま
いつも食材を調達するスーパーまで辿り着く。
が、まだ望みはある。 そのスーパーには敷地内にドラッグストアがある。
食材を買い、併設されたドラッグストアを覗くとそこにはピカピカ光輝くアレが。
無事購入し、意気揚々とまた走り出す。

アチコチ寄り道したので到着が少し遅くなってしまった。
受付を済ませ、誰も居ない蕭然とした場内へ。
今回は河原の一段上まで降りずに、広々としたサイトの端のあたりに設営。

e0152465_16968.jpg

慌てた訳でもないのだがタープの張り具合がしっくりこない。
どこか今までとは違う・・・なんか変。 変なのはタープの張り具合だけじゃない。 気分も変。
いつもならウキウキ、ワクワクしながら設営してる筈なのに・・・。
ここへ向かって車を走らせている間は良かったが、到着してからウキウキワクワク感が消えた。
前回の事がトラウマになってしまったのだろうか、それとも連続3回同じキャンプ場なので
新鮮味が無くなってしまったのだろうか・・・?

つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2008-01-03 22:20 | ソロ初め2008