<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前門の虎後門の狼

12月8日、昼前に出発。
またしても同じ川で、前回よりまた更に少し上流を目指す。

途中、食料調達も前回、前々回と同じスーパーにて。
駐車場でツーリングキャンプらしき荷物を沢山積んだバイクを数台目撃。何となく嫌な予感。
買い物を済ませ、目指した場所に到着するも人の気配無し。
受付にも人が居ないようなのでキャンプ場内をちょっと見渡す。
理想とするキャンプ場とは正反対の雑然とした雰囲気。 敷地内に入りあちこち見回す。
雑然どころではない、カオスだ。よくもまぁ、ゴチャゴチャと色んな物を作ったもんだ。
気乗りしないどころか気分が萎え、やむなく此所を断念。

来た道を戻り前回行ったキャンプ場へ。
何人か先客がいるようだ、スーパーの駐車場で見掛けたバイクであろう。
貸し切り状態を期待して来たが「まぁ、しょうがないか」と思い受付へ。
話を聞くと、今日はキャンプ場のお兄さんの友達が集まってくるのだそうだ。

前回の場所から数メートル横にズレてテントを設営した以外、ほぼ同様のスタイル。
異なるのは、自分で持ってきた薪だけで焚火を済ます事と防寒着の追加、あと、スリーピングマットを
厚めのもの1枚のみに変えたことぐらい。
今回は耐寒テストも兼ねるつもりで来たが、結果的にそれほど気温も下がらず夜露も凍らなかった。
キャンプ場到着から夕方暗くなるまで、次から次へとバイクがやって来る。いやぁ、来るわ来るわ。
空が暗くなってから時折降る小雨と、山に反射して辺りに響き渡る彼等の宴会の
喧騒のせいか、テンションさっぱり上がらず。と言うか萎えまくり。 大失敗。

しかし飯だけは旨かった。 キャベツとベーコンのコンソメスープ煮。

e0152465_1524438.jpg

茶色いインフレータブルマットが今回新調したパシフィックアウトドアーエキップメントのメガマット。

e0152465_15262445.jpg

ハッキリ言って今回は満足のいくキャンプではなかったが、装備を減らすポイントや改良すべき部分が
確認出来たりと、多少成果があったのでまずまず良しとするべきか・・・。
「まぁ、こんな時もあるさ」と自分に言い聞かせ、帰路の途中あちこち寄り道。
山を眺めたり、広い河原を散歩して気分転換。

e0152465_15265082.jpg

おわり
[PR]
by swedishcooker | 2007-12-11 21:40 | 前門の虎後門の狼

晩秋キャンプ? 初冬キャンプ? 其之伍

またもや夜中に目が覚める。

ふくらはぎの辺りが少し冷えているが、目覚めた理由は別のもの。
テントの外へ出るとなんだか明るい。 月夜だ。
  冷たい空気。  静けさ。  煌々とした月明かり。
なんとも言えない雰囲気、神聖なものすら感じてしまう。
が、猛烈な尿意に負けて早々にトイレへ。 そして再び夢の中。

朝早く目覚めるが寒さに勝てず二度寝。 なんとか起き出して外へ出る。
やっぱり寒い。 夜中に夜露が凍り、更にその上に朝霜が降りている。

e0152465_1513529.jpg


朝のコーヒーはおあずけ、まずは焚火で暖を取り朝食の支度。
昨晩の鍋の残り汁に具を追加してうどんを煮る。
うどんは体も暖まるし簡単でいい、定番化しそうだ。 でも、うどん2玉は多過ぎた・・・。

e0152465_15143786.jpg


陽が昇るにつれ気温が上がり、霜が溶け始める。 どんどん溶けてテント前室とタープ下に雫が降り落ちる。
これには参ったが、幸い天気も良いのでテントもタープも昼までには乾きそうだ。
マッタリと撤収開始。 自分以外に2組のキャンパーが居たが、いつの間にかもう居ない。
撤収が済み、受付に挨拶して今回のキャンプ完了。
次回未定、年内にあと1回行きたいなぁ・・・

おわり

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2007-12-06 19:50 | 晩秋キャンプ? 初冬キャンプ?

晩秋キャンプ? 初冬キャンプ? 其之四

晩飯を終え焚火に戻ろうとしたら火は完全に消えていた。
焚火台Sでチョロチョロ燃やしてたら当たり前か。細割りの薪を作り焚火再開。

e0152465_1525473.jpg


ちょっと寒くなってきたのでN-3Bのフードを被ろうとしたら
フードの縁に付いているフェイクファーがびっしょり濡れている。 夜露のせいだろうか。確かに夜露が凄い。
テントもタープもびっしょり。夜10時を過ぎた頃にはその夜露が凍りつき、タープはバリバリ。
キーホルダーの温度計を見ると0度を下回っている。
しかしそんな寒さも、シッカリ着込んでガッツリ飯食って焚火にあたっているせいか全然平気。
焚火を前に12時ぐらいまでボーッと過ごす。

「そろそろ寝ようかな」とテントの中へ。
マットはロールマット1枚とインフレータブルマット2枚の3段重ね。
シュラフは封筒形化繊の中にマミー形化繊を入れ、更に封筒形フリースのインナー。
起きてる時は焚火にあたっていれば良いが、寝る時はそうもいかない。今回唯一不安なのが睡眠だ。

テント内部があまりにもヒンヤリしてるので、前室からインナーテントに向けクイックヒーターで数分暖める。
ジャケットを脱いでシュラフに潜り込み3本のファスナーを閉める。
寝る態勢を決めようと横を向いたり上を向いたりしてるうちに、段々と身動きがし辛くなる。
フリースシャツを着てた為かフリース同士で絡み合ってしまったようだ。
それが幸いしたのかどうか分からないが寒くはない。
「これなら大丈夫そうだ」と思う間もなく眠りに落ちてしまった。

つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2007-12-04 23:51 | 晩秋キャンプ? 初冬キャンプ?

晩秋キャンプ? 初冬キャンプ? 其之参

散歩を終えた頃には陽がすっかり傾き、山の陰に隠れてしまった。
辺りはどんどん暗くなる。 じわりじわりと冷えてくる。

e0152465_14374881.jpg


テントの中でユニクロの防寒着に着替える。
マイクロフリースパンツの上にヒートテックイージーカーゴを履き、ヒートテックインナーT、カットソー
マイクロフリースハーフジップTと重ねた上に米軍払い下げのN-3Bを着込む。
靴下は防寒用でも何でもない3足1000円の物。 だが不安は全く無い。
靴を防寒ブーツに履き替える。ソレルのベアー。
氷点下51度まで耐えられるという謳い文句のブーツ、これでバッチリ。 オーバースペックだが。

晩飯の前に取り敢えず焚火開始。

e0152465_14392615.jpg


冷える夜に焚火。 何とも言えず堪らない。
それにしても杉は燃えるのが早い。ちょっとトイレへ行ってる間に熾火になってしまってる。
冬キャンプをするならばこの点が今後の課題になりそうだ。
火を弄っていると突然「グゥ〜〜〜」という音が鳴り出す。 腹だ、腹の音だ。
そういや今日はまだ何も食っていなかったっけ。

今回調達してきた食材も肉。 だが今回は焼かない。 野菜と一緒にライスクッカーminiDXで煮る。
味噌仕立ての出汁で煮る。 そう、鍋物。 寒い夜に体を温めるなら鍋物。
晩飯の支度する間寒いかなと、唯一持参した暖房器具のクイックヒーターを点火させるが
焚火で充分体が温まっていたのですぐに消す。
蒸らし終えた米を木椀によそう。スウェーデン飯盒の底の方が硬い。またもや少々焦してしまった・・・
慣れてきたせいで油断してしまったのか。 でもまぁ気にしない。
タイミング良く鍋も煮上がる。鍋を突つきながら米を頬張る。 これまたハーモニー!
旨い、最高に旨い。 あまりの旨さに鍋を突つきまくりながら脇目も振らず飯を食う。
舌を火傷しながら、額に汗しながら一気にたいらげる。

 

ああ、腹が苦しい。 やっぱり今回も食い過ぎだ。

つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2007-12-01 22:55 | 晩秋キャンプ? 初冬キャンプ?

晩秋キャンプ? 初冬キャンプ? 其之弐

テント設営後、取りあえずコーヒー飲んで一服。

今回は寒さ対策ということもあり、夜はずっと焚火していようと思っていた。
薪として持って来たのはRVボックス(小)に詰め込んだ杉材の木っ端と太めの角材三尺。
杉材だと燃えるのが早いので受付で薪を一束買ったがこれも杉だった。
陽が落ちる前に焚火の準備をと思い角材を鋸で切り鉈で割る。
今まで使っていた鉈は小さくおもちゃみたいだったので、今回の為に東型両刃の鉈を新調。
刃の重量があるので楽に割れる。ちょっと大袈裟かなと思ったが買って正解だ。

焚火のセッティングを済ませ河原を散歩する。
目の前に小さくてこんもりとした山。まるでおにぎりのような山。

 

川べりを下流に向かって歩く。清流と呼べるほど綺麗ではないが川は良い。
なぜか河畔や湖畔の水辺に惹かれてしまう。
幼少期の体験からくるものだろうか。

つづく

 ※Oct 25 2008 加筆修正
[PR]
by swedishcooker | 2007-12-01 14:13 | 晩秋キャンプ? 初冬キャンプ?