天神様の細道? 竜神様の細道

ウズウズが始まったものの、なかなかキャンプに行くタイミングが掴めない。

仕事、天気・・・。
特に天気は「女心と秋の空」、天気予報なんてアテにならない。
雨の中でキャンプする根性はまだ無い。

この鬱憤を晴らすべく車を走らせた。アテも無く。
毎度の無計画、取り敢えず北に向かう。
とある河畔のキャンプ場でも見て来ようかなと思い、付近まで行くが入口の道を見つけられず。
来た道を戻るのも何なので先へ進む。段々と道が細くなる。
クネクネ昇り坂と思ったら山道。隣の県名が書かれた看板に出くわす。
県境を超えてしまった。

山道というのは何度通ってもワクワクする。
鬱蒼とした木々に包まれ薄暗く、時折現れる岩肌に苔がみっしり生えてたりする。
なんとも言えない雰囲気だ。
山を降りるとさっき通って来た道へ続く国道。少し行くと小さな蕎麦屋発見。
天ぷら蕎麦を食う。せっかく秋なんだから茸蕎麦にすれば良かった、失敗。

暫く走ると「○○まで○○km」と観光スポットの案内看板が目に入る。次の行き先決定。
ちょっとした山を登り駐車場到着。
そこはダム湖の上に掛けられた吊り橋。車で渡る事は出来ない。しかも有料。
以前メディアで金の無駄遣いとして取り上げられた事もある橋。
折角来たので300円払い橋を渡ってみる。

e0152465_1120249.jpg


山の上なので眺めはまぁまぁ良い。

e0152465_11223257.jpg


橋を渡り切ると、突き当たりの左奥にダム湖のそばまで降りられる階段発見。
結構距離がありそうだったが、壮年の男性と肌の露出の多いアジア人女性の
カップルが降りて行くのにつられて降りてみる。
思ったよりも距離がある、途中階段がかなり急だったりもするが下まで降りた。
ここまで来る人は少ないようだ。

そこはひっそりと静まり返っていた。せいぜい聞こえるのは水鳥が立てる水の音ぐらい。
人工湖とは言え、山に囲まれ静まり返った湖は神秘さを感じさせる。

e0152465_11301145.jpg
e0152465_11304372.jpg
e0152465_11305439.jpg


これまた何とも言えない雰囲気だ。ここまで降りて来て良かった。
ダム湖周囲を歩き、その雰囲気を暫し堪能。
上に見える橋がとてもくだらない物に思えた。

e0152465_11342012.jpg


陽は傾き山向こうへ隠れてしまった。

e0152465_11361838.jpg


そろそろ帰ろうか。
そう思ったとき肝心な事を思い出した。
帰る為にはあの長い長い階段を上らなければならない。

 「行きは良い良い帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ通りゃんせ」

おわり

 ※Oct 25 2008 修正加筆
[PR]
by swedishcooker | 2007-10-16 23:48 | その他
<< 空の機嫌と休みのタイミング 其之壱 それは唐突に 其之伍 >>