それは唐突に 其之伍

飯は食った。さて、何するか。

何もする事が無い。
キャンプ自体が目的で、まだアレをしたいコレをしたいというのは無い。
燃料の残ったアルコールバーナーに火を点けボーッと眺める。数分で燃え尽きる。
まだ赤みの残った炭を弄る。炭の欠片が灰になるにつれ夜も更ける。

いくらか周囲も静かになってきたので、ランタンの灯を落とし
テントに入り眠ろうとするがまだ暑い。
奥の方のサイトから時折話し声も聞こえる。
またもや眠れず悶々とする。うつらうつらしては目が覚める。
それを何度か繰り返すと、ようやく涼しくなりシュラフに潜り込む。
すんなり寝付く事が出来るならば、床に就いてから眠りに落ちるまでの間が至福の絶頂。

朝早く目覚める。
テントの入り口を開けると清々しい景色が広がる。空気も澄んでいる。
昨夜眠れず悶々としたのが嘘のように爽やかだ。
まだ周囲は静けさを保っているので、シュラフに潜ったまま暫し景色を眺める。
もう一日この爽やかさを味わいたいが、帰らなくてはならない。実に名残惜しい。

インスタントでも美味しく感じるコーヒーを飲み終え、道具を片付ける。
テントを撤収し車に積み込む。サイトを整え受付に挨拶をし
後ろ髪引かれる思いでゲートを出る。

このまま帰路に立つのも勿体無いので、もう一か所候補にしていたキャンプ場を下見するため
山の裏側へと車を走らせる。
ここも湖畔だが湖水面より遥かに高い場所にあり眺めも良い。

e0152465_1057420.jpg


「うん、次に来る時は此処にしよう」

こうしてキャンプ再デビューを果たした。
無計画で唐突ではあったが、それもソロの強みだろうか。
きちんと計画を立てて出掛ける人が殆どだろうが、自分の場合
無計画的な方が向いている気がする。

二週間前の出来事を書いている今、またウズウズが始まった。

おわり

 ※Oct 25 2008 修正加筆
[PR]
by swedishcooker | 2007-10-02 13:16 | それは唐突に
<< 天神様の細道? 竜神様の細道 それは唐突に 其之四 >>