それは唐突に 其之四

1時間ぐらい眠っただろうか。 携帯の着信音で目が覚める。
明後日仕事が入ったとの連絡だった。
取り敢えず1泊してみて、良かったら連泊しようかなと思っていたのだが
何が何でも明日帰らなきゃならなくなった。
残念だが仕方がない。

いつの間にか風が吹いている。 焚火をしたくて薪と焚火台を持って来ていた。
自分が居る区画はどうやら風上のようだ。
どうしようか迷ったが、他のキャンパーを煙で燻す訳にもいかないので中止する事に。

薄暗くなって来たのでランタンを灯し晩飯の支度をする。
メインランタンはコールマンのフロンティア・スタンダードCPS。
これを選んだ理由は単に在庫処分で安かったから。
テーブル用に買ったのは同じくコールマンのトレッキングランタン。
小さい割に明るいようなので購入。マントルはフロンティアと共通だった。
どちらも使ってみて特に不満は無い。

晩飯のメニューは焼肉と卵スープ。 米を炊き始めると同時に炭を熾す。
米炊きに選んだ道具はスウェーデン軍のメスキット。巷で「スウェーデン飯盒」と呼ばれる物。
風防兼五徳と飯盒、燃料ボトルそしてトランギアのアルコールバーナーがセットになっている。
自宅で何度か米炊き練習したので不安は無い。

焼肉に使うのはネイチャーストーブS。
炭熾しが初体験なので少々不安ではあったが、着火剤とトーチ併用で難なく炭熾し出来た。
卵スープはフリーズドライなので湯を沸かすだけ。「さて、何で湯を沸かそうか」
スウェーデン飯盒の蓋で沸かす事も出来るのだが、炊いた米を蒸らすのに
飯盒を逆さまにしたため飯粒がこびり付きまくっている。これで沸かすのは気が引けた。
どうしようか考えながらテーブルの上を見渡すと、使ってないクッカーがひとつある。
試しにそのクッカーをスウェーデン飯盒の風防五徳に入れてみたらピタッと嵌る。
ちなみにそのクッカーはスノーピーク・チタンパーソナルクッカーセットの
中にスタッキングされた小さい方。

肉を焼き始め、炊きたて熱々の飯をクッカーによそう。
ランタンの光では肉の焼け具合がよく分からないが勘で焼く。肉を口に放り込み噛みしめる。

「旨い! 気絶しそうなくらい旨い!」

肉を飲み込まぬうちに白飯を口に入れる。肉とタレと米のハーモニー。
どこかの饅頭ではないが旨過ぎる。キャンプで食う飯がこんなに旨いとは。
汗だくになりながら晩飯を食い終え、あまりの旨さに暫し呆然とする。

つづく

 ※Oct 25 2008 修正加筆
[PR]
by swedishcooker | 2007-10-01 02:54 | それは唐突に
<< それは唐突に 其之伍 それは唐突に 其之参 >>