気がつけば霜月 後編



一夜明けて翌日



まぁ、特筆すべき事もそんなに無いので、道具ばっかりです。

朝飯は賞味期限の切れた棒ラーメン。
水少なめにして作ったら、撮影でモタついてる間に麺がどんどん
汁気を吸って、スープがホンの少しになってしまいました(笑

   



ヤフオクで変わった中古の斧を買いましたよ。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

アメリカのTRUE TEMPERというメーカーのKELLY WORKSという
ブランドのようです。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

頭はハンマー&釘抜きになってます。



刃は薄め。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

本来何に使う斧なのか分からなかったので調べてみたら、板葺きの
屋根を施行する時に使う"ルーフィング・ハチェット"とか
"ルーフィング・アックス"と呼ばれる物の古いタイプのようです。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

刃先はダイヤ砥石で研ぎ直しました。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

ハンドルはペーパー掛けて蜜蝋ワックスを塗り
穴開けて革紐を通しました。

   TRUE TEMPER KELLY WORKS

元の姿はこんな感じ。

   

比較写真は撮り忘れたんですが、手持ちのWETTERINGS WILD LIFEと
比べると遥かに大きく重いので、片手で長時間扱うには少々辛いですね。
薪割用として使うならば細い丸太用と割り切り、柄を500mmぐらいの物に
すげ替えた方が良いかもしれません。
実はこれの前にもう1丁新しい斧を入手してあるんですが、今回持って来た
ものの出番が無かったので、また後日御紹介しようかと思います。



ナイフも新たに1本増えました。

   佐治武士 一文字 青紙スーパー

   佐治武士 一文字 青紙スーパー

チューブシースに収まってる姿を見るとプーッコのようでもありますが
中身は国産の和式ナイフです。

   佐治武士 一文字 青紙スーパー

佐治武士、一文字の青紙スーパーです。

   佐治武士 一文字 青紙スーパー

全長220mm、細身のナイフですがブレード厚約4mmで割と重量感あります。
箱出しの状態で刃付けは鋭く切れ味抜群。研ぎながら長く使い続けてみないと
分かりませんが、現時点では大満足です。

でも少し気に入らない点が2つ。
シースが今ひとつフィットしておらず形も気に入らない事と、ブレードに
刻まれた佐治の「治」の字のさんずいが点ひとつ刻印が浅く、にすいのように
なっていて「治」ではなく「冷」という文字に見える事。

   佐治武士 一文字 青紙スーパー

刻字は個体差だからしょうがないとして、シースは後で自作かなぁ。



水タンクを新調しました。

   SEA TO SUMMIT PAC TAP

今までプラティパスの2.5リットルを使ってましたが、吊り下げ可能な
シートゥサミット・パックタップ4Lに浮気です。
黒と緑のボディーはタンク本体ではなくカバーで、中に交換可能な
エマージェンシーブランケットのような素材で出来た銀色のブラッダーが
入っています。詳細レポは面倒なので割愛します。



以前作ったウッドテーブルがやっとフィールドデビューです。

   

柿渋を2度塗りし、仕上げに亜麻仁油を塗りました。

   

夜露で濡れたガスボンベ缶の鉄分と柿渋が反応してしまったのか
黒い跡がついてしまいました。
ペーパー掛けて塗り直すのも面倒なのでこのまま使い続けます。
あと、テーブルに物を乗せたままちょっと移動する際、脚が閉じてしまって
不便でした。2本の丸棒に棚板を渡すか、それともブルーリッジみたいに
ピンを差し込むかして、脚部固定出来るようにした方が良いですね。



久し振りのキャンプもあっという間に終わりです。
道具を片付けて車に積み込みます。

   

   

   (;´Д`)ハァハァ
   

今年はこれで最後かなぁ。



   おわり



おまけ

 河原を散歩中、増水によって流されて来たとみられる
 身元不明の白骨化した御遺体を見つけてしまいました。
 写真撮るかどうか迷ったんですが、恐る恐る撮って
 みましたので、興味のある方は御覧下さい。 画像はコチラ






フュアーハンドの276にすれば良かったか


ペトロマックスの小さいのもいいかな
 

燃料は灯油じゃなくてパラフィンオイルを使いました
 

スウェーデン製の斧も良いんですが
 

現在、土佐斧が欲しくてしょうがない
 

和式刃物の魅力に目覚めてしまったのかも
 

SEA TO SUMMIT/シートゥサミット パックタップ
 

脚部ロック機構が大事だと分かりました
 
[PR]
by swedishcooker | 2011-11-30 20:45 | 気がつけば霜月
<< 新年初焚き 前編 気がつけば霜月 前編 >>